海外で働く歯科技工士のブログ

歯科技工士が海外で働くときの情報ブログにシフト中。。 オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

日本人歯科技工士

歯科技工士、英語でいうと Dental Technician。



書き出しに特に意味はありません。。。



私はオーストラリアで働いていますが、
オーストラリアは移民が多い国、色んな国籍のデンタルテクニシャンと会います。
歯科技工士とデンタルテクニシャン。

違いがあるか考えてみたのですが、そんなにないですね。。。





話はブレましたが、

一応4カ国で歯科技工士として仕事がしたことあり、それなりの各国の人たちと仕事をしてきましたが、
日本人歯科技工士の平均の仕事力、評価はいぜんとして高いとされていると思います、

これは私が仕事ができるといっているのではありませんで、やはりこちらで会う日本人歯科技工士の全員が高い評価を受けている印象があるのでこう思うわけです。

これにはやはり日本の歯科技工士養成の教育レベルが高いこととか、働くことを重要視する国民性というか日本人の気質というものもあるのでしょうか。
これだけ情報も人も物もグローバル化しているなかで、色々な国がどんどん成長してきているなかで、こちらの歯科技工界(ラボ)では未だに日本人の頑張りは目立っていると思います。

(というか、オーストラリア人やニュージーランド人の歯科技工士の方々の多くがそんなに頑張ってない(そんなに人生のなかで仕事を重要視していない)だけともいえるかもしれませんが。。。)





いまだ技術大国ニッポンなのか。

スマホもアップル、サムスンにまけるな〜


| 現状 | 10:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。